OBDLink MX+を買いました!

ガジェット

概要

日本国内でOBDLink MX+を販売しているオンラインショップが少ないです。(OBDLink MXはあちこちで売られています)

今回は、他社製のOBD Bluetoothドングルではなく、ちゃんとRaceChronoがサポートしている製品を買いたかったのでお値段が少し高めですが、以下のページから購入しました。

http://happoya.jp/?pid=137233887

Androidの場合は、こちらの安いOBDLink LXで問題ないです。

BluetoothだからiOSでも使えると思うかも知れませんが、本当に使えないのでご注意ください。

【並行輸入品】 ScanTool 427201 OBDLink LX Bluetooth OBD-II Scan Tool Interface
Transform your phone, tablet, or PC into a professional-grade automotive scan tool (not compatible with Apple iOS devices);Safe to leave plugged in, won't drain...

開封

数日後に到着!

OBDLink MX+

早速、iPhoneとOBDLink MX+をペアリングしました。

iOSとBluetooth de

ペアリングしただけだと使えません。

RaceChrono側でペアリングしたドングルを認識させる必要があります。これは、各ドングルごとに通信内容が違うようで、それを手動で設定する必要があるためです。

Settingsメニューから該当するOBD情報を送信するデバイスを選びます。今回は一番上の「OBDLink MX+ Bluetooth」を選びます。

そうすると、以下のようにデバイスが追加されます。

今度は、RaceChronoの計測をスタートさせて、Gaugesのタブをみます。ここにOBDから取得した数値が表示されていればOKです。

サンプリングレートも同時に表示されてますね。スピード、スロットルポジション、エンジン回転数は5Hzぐらいなので高速チャネルによる転送みたいですね。

そして、RaceChronoで撮影してみました。

エンジン回転数、水温、スロットル開度、吸気温度が表示されるようになりました。他の重要な値、例えばブースト圧、油温、ギアポジションといった情報は取得できないようです。

データの転送速度も良さそうな感じです。かなり細かい頻度で情報が取れていると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました